Site Loader
Mobile Wallet

Apple Wallet/Google Pay対応
モバイル・ウォレットマーケティングソリューション

モバイル・ウォレットマーケティングソリューション “モバイル・ウォレットマーケティングソリューション“は、企業がユーザーとのエンゲージメントを高めるために、Apple WalletとGoogle Payといったモバイル・ウォレットを活用したCRMツールです。 Apple WalletとGoogle Pay(OSネイティブのアプリ)に保存できるポイントカードやクーポンなど(非決済領域)のデジタルカードを発行し、デジタルカードを保有しているユーザーをセグメント化してプッシュ通知を行ったり、デジタルカードのコンテンツをユーザーの嗜好や行動に応じて更新することで、ユーザーとの適切なコミュニケーションを可能にします。 モバイル・ウォレットマーケティングソリューションは、お財布に入っているプラスティックや紙のカードをデジタルカードに置き換えて利用するため、ユーザーにとってはかさばりがちなお財布をすっきりさせ、カードを忘れるといったことがなくなり、適切なタイミングや場所で必要な情報をスマートフォンから受け取れるといったメリットを享受できます。 デジタルカードは以下の種類を準備しています。 ①モバイルポイントカード(ショップカード/メンバーシップカード) ②モバイルクーポン ③モバイル会員証 ④モバイルチケット ⑤モバイルスタンプカード  …

Mobile Wallet

モバイル・ウォレット?

モバイル・ウォレットって? モバイル・ウォレットとは、現在のスマートフォンユーザーがモバイルデバイスにデジタルコンテンツ(決済で使われるものと、決済以外で使われるものがあります)を保存、整理、表示できるようにするアプリケーションです。クレジットカード、ポイントカード、クーポン、ショップカード、メンバーカード、チケットなどを1つのアプリにまとめて保存することができます。 iOSではApple Walletがモバイル・ウォレットのネイティブなアプリとして標準で実装されており、AndroidではGoogle Payがネイティブなアプリとして準備されています。 従来の物理的な財布とは異なり、モバイル・ウォレットアプリはユーザーのコンテキストに合わせて動作します。また、ユーザーとのエンゲージメントを築くチャネルとして機能し、ブランドとユーザーをより密接に結びつける一方で、そのオペレーション効率を向上させます。 *モバイル・ウォレットアプリに保存される決済以外のデジタルコンテンツは、ポイントカード、クーポン、ショップカード、メンバーカード、チケット、商品券、予約券、搭乗券、ギフトカード、名刺などがあります。 モバイル・ウォレットをとりまく環境 モバイル・ウォレットは、多数のサードパーティから独自のモバイル決済サービスとしてリリースされていますが、標準で装備されているOSネイティブなApple WalletとGoogle Payは、モバイル決済、ロイヤリティカード、クーポン、会員カード、チケットなどのハブ的な存在になりつつあります。 ブランドがこのApple WalletとGoogle Payのエコシステムを利用してユーザーとつながりを持つことで、ブランドそれぞれが独自にアプリの開発、配信、保守を行うことなく、モバイルユーザーのほぼ100%に到達することを可能にします。  …

PassKit

Apple Wallet、Google Payに対応したデジタル会員カードなどの制作から POS連携までのソリューションを提供開始しました!

当社では、業務資本提携先である PassKit Inc.の持つApple Wallet、Google Pay対応ソリューションの日本での提供を開始いたします。 PassKitのソリューションは、Apple Walletに対応した”パス”と呼ばれる会員カード、クーポン、チケットなどのデジタルコンテンツを作成、配信、管理することを可能とするもので、既存のCRMシステム、POSシステム、アプリと連携させることができます。”パス”はApple Pay対応のクレジットカードと同じWalletアプリ内に保存され、パーソナライズ化や自動更新に対応しています。また、GPSや日時、iBeacon、バーコードの読み取りをトリガーに、スマートフォンのロック画面に特定のメッセージを表示することも可能です。   グマッカルでは、紙やプラスティックの会員カード、クーポン、チケットなどをデジタル化してApple Walletに対応したい企業、すでに所有の自社アプリをApple Walletに対応したい企業、Apple Wallet”パス”とCRM、POS連携を実施したい企業からの問い合わせを受け付けています。 ■サービス提供の背景 Apple…

Blog

Pass DesignerがiOS7に対応しました。

PassKitのPass Designer(Passbookの作成、管理ツール)がiOS7に対応しました。 iOS7のフラットデザインに対応したのはもちろんのこと、中でも注目は、ibeaconに対応したことです。ibeaconによりロック画面にメッセージが出せるようになりました。 その他、管理画面からアプリへのリンクや、パスを自動的に停止することなどが可能になりました。現在日本語対応中ですので完了したら連絡させていただきます。 さらに、現在PassKitでは管理用のアプリを作成しているのですが、そちらがibeaconのbeacon端末としても機能するようにしているとのことです。このアプリがあればお使いのiPhoneをbeacon端末として使えます。リリースは未定ですが、近いうちにお知らせいたします。 ※現在 PassKit Japanという名前でFacebookページを運営しております。今後Passbook、PassKitに関する情報はそちらで共有させていただければと考えています。ご興味ある方は、ぜひ「いいね!」してください!  

Blog

iOS7のPassbookの問題点

iOS7 Beta Version 5でのPassbookの問題点をまとめておきます。   1. iOS7とiOS6で文字の省略のされ方が異なっている 今回のデザインの変更に伴ってパスのフィールドのサイズが違っているため、文字の省略のされ方が変更されています。これまでiOS6で表示されていた文字がiOS7にすると省略されてしまって表示されないなどの問題が発生しそうです。下記のイメージがわかりやすいと思います。 iOS6で見たパス             iOS7で見たパス    iOS6では日付や時間がちゃんと表示されていたのに、iOS7では途中で省略されています。既に発行しているパスは確認しておいたほうが良さそうです。 2. シェア機能の問題 iOS7からパス(.pkpassファイル)をメールやSMS、AirDropでシェアできるようなります。これ自体はいい機能だと思うのですが、すべてのパスにシェアボタンがついています。しかしメンバーシップカードやイベントチケット、搭乗券などのタイプのパスはシェアするものではないので、ユーザーや事業者は混乱するのではないかと思われます。発行側でこの機能を制限できるようにしてもらいたいです。 3.…