iOS7のPassbookの問題点

iOS7 Beta Version 5でのPassbookの問題点をまとめておきます。

 

1. iOS7とiOS6で文字の省略のされ方が異なっている

今回のデザインの変更に伴ってパスのフィールドのサイズが違っているため、文字の省略のされ方が変更されています。これまでiOS6で表示されていた文字がiOS7にすると省略されてしまって表示されないなどの問題が発生しそうです。下記のイメージがわかりやすいと思います。

iOS6で見たパス             iOS7で見たパス

iOS6  iOS7

iOS6では日付や時間がちゃんと表示されていたのに、iOS7では途中で省略されています。既に発行しているパスは確認しておいたほうが良さそうです。

2. シェア機能の問題

iOS7からパス(.pkpassファイル)をメールやSMS、AirDropでシェアできるようなります。これ自体はいい機能だと思うのですが、すべてのパスにシェアボタンがついています。しかしメンバーシップカードやイベントチケット、搭乗券などのタイプのパスはシェアするものではないので、ユーザーや事業者は混乱するのではないかと思われます。発行側でこの機能を制限できるようにしてもらいたいです。

3. バーコードリーダー

iOS7のPassbookには2次元バーコードリーダーが標準搭載され、QRコード、PDF417、Aztechが読み取れるようになります。しかしこのバーコードリーダーは.pkpassがバンドルされたページしか読み取ることができず、通常のURLやそれ以外のものを読み込んだ時にはエラーを表示するようになっています。これは、例えばPassbookの説明が書かれたページや、メンバーシッップカードなどのパスを発行する前に名前を入力させるページがあった場合、Passbookのバーコードリーダーからではそのページに誘導することができないといった問題が発生します。また、このバーコードリーダーを使ってパスを読み取ると自動的にPassbookにパスが追加されるのですが、既に同じパスを持っていた場合も確認なくパスが新しいものにリプレイスされてしまいます。

 

iOS7は9月10日にリリースされるという話ですが、それまでに修正されといいのですが。。。

 

Comments are closed.